Handleが出来るまでのリフォーム日記 Vol.9

Vol.9

床の次にこだわったのは・・・「壁」
日本の住宅でよく使われるビニールクロスがイヤで、塗り壁にしようと決めていました。
「塗るのであれば・・・珪藻土」と、ほとんどを珪藻土で予定していましたが、
予算の関係もあってお店の一部をペイントにすることに。

私の中では「妥協してペイントに」という感覚でしたが、塗ってみてビックリ!
「素敵~」ペイントの壁の方がなんだか素敵に見えてきたのです。

「これだったら、もっといろんな色を使って塗りたい!」ということで、
予定では珪藻土だった壁の一部を残してほとんどをペイントにすることに決定!
塗装屋さんは「こんな家、初めてや・・・」と文句たらたらデシタが、
お店も住居もほとんどの壁という壁をペイントしていきました。

 
幅木塗り
まずは幅木を塗ります。
 
壁塗り
次に壁。職人さんがんばって~。
 
本当に頭が痛かったのは色選び。
数限りなくあるペイントメーカーの中で、私たちの求める「ちょっとくすんだ色」というのは
なかなか見つからないのです。
悩みに悩んだ結果、結局、自分達の思っている色を調色してもらうことにしました。

出来上がりは・・・大満足!
もっとたくさんの人にこのペイントの壁のよさをわかってもらいたいな~と
この時実感しました。

ピンク色
微妙に色の違うピンクを使っています。
 
水色
こっちは水色。
 
10色作りました
全部で10色。いろんな色を作りました。>>このペイント材はコチラから
       
            カテゴリ:Handleが出来るまで