私のアンティークの原点、教会で使われていたチャーチチェア

こんばんは。実は、今から「奥様会」なる会合に参加しなきゃいけないため、焦って仕事をしているHandleの水野友紀子です。

仕事をしている時点で、私は「奥様」じゃないんですが(笑)誰よりも奥様から遠いと気付きながら「まいにちHandle」お届けします。

/////////////////////////////////////////////

私のアンティークの原点

教会で使われていたチャーチチェア

/////////////////////////////////////////////

今日の新着で、久しぶりにご紹介しているのが、アンティークのチャーチチェアです。

別名、チャペルチェアとも呼ばれているんですが、この子は、まさに私の原点!

私の初めて買ったアンティークがチャーチチェアでした。

名前の「チャーチ」は、教会。

そう、まさに教会で使われていた椅子なんですが、それぞれの教会で、いろんな形のものがあるから、それも魅力なんです。

特に、私がチャーチチェアに惚れ込んでしまった理由は・・・

聖書箱。

今は、なっかなか見つからなくなっちゃったんだけれど、背もたれの部分に小さな箱型のものが付いているんです。

「ここに聖書を入れて使っていたんだよ」

って、聞いた時から、私はこの椅子に夢中・・・

おかげで、アンティーク家具屋を始める事にまでなってしまいました(笑)

実は先日、コッツォルズに行った時に立ち寄った教会でも、この聖書箱の付いたチャペルチェアが並んでいて・・・

スタッフみんな感動!

「こうやって使われていたんだ~」

と実際に目の当たりにして、すごくよかったみたいです。

そんなチャーチチェアも、最初、私が買い付けて来た頃と比べると、なんと、価格が約2倍!

理由は2つあって・・・

1つは、私たち日本や中国などアジアの国でアンティークを買い付けるようになって、価格が高騰したこと。

2つめは、そもそもチャーチチェア自体の数が減っていることです。

チャーチチェアは教会を解体する時に大量に出てくるのですが、イギリスでも最近は教会に行くことも少なくなったらしく・・・

どの国でも「今の若い者は~・・・」

と言う事はあるんだな・・・と(苦笑)

そんな私の初めてのアンティーク。

今回の買い付けでは、結構、見つけてくることが出来ました!
コチラで紹介しています。

絵を描いて説明しています

↓↓↓

「チャーチチェア」のおはなし

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

奥様会まであと30分!急いで出かけます!!

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

キレイで安心「初めてのアンティーク家具」専門店
アンティークショップHandle
(運営会社:水野商品館株式会社)

https://handle-marche.com/

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

            カテゴリ:メルマガ