160年間、ずっと変わらない英国の伝統 バーレイ社の陶磁器

こんばんは。Handleの水野友紀子です。

今日から増税・・・

ですが、なんだかよく分かっていない私(苦笑)

駆け込みしなきゃ!と思っていたんですが、

何も買うことなく今日を迎えてしまいました(汗)

ちなみに・・・

うちのお店は、クレジットカードで決済を行って頂いた場合、

キャッシュレス・消費者還元事業の適用で、

5%が還元されます!

Amazon決済は返事までかなり時間がかかっているので承認待ちですが、

5%還元されると消費税が上がる前よりお得?!なので、ぜひ、ご利用ください!

それでは、今日も「まいにちハンドル」をお送りします。

//////////////////////////////////////////

160年間、ずっと変わらない英国の伝統

バーレイ社の陶磁器

//////////////////////////////////////////

バーレイの商品一覧はコチラから

昨日から新しくスタートした朝の連続テレビ小説。

今回は、信楽焼きのお話しということで、

英国の陶磁器にどっぷりハマってしまった私は、

実はめちゃくちゃ楽しみにしているんです。

今日も、ドラマの中で

「信楽は土がいいんや~」

と言う場面があったんですが、

実は、イギリスにも豊かな土と陶器に適した気候で

陶器産業の里とよばれる場所があります。

ロンドンから電車で2時間半くらいの

ストーク・オン・トレント

ここはロイヤルドルトン、ウェッジウッド、スポード、ミントン・・・などなど、

英国陶磁器メーカーの有名ところが生まれた場所。

その中で160年間、ずっと変わらず、

銅版転写方法で陶磁器を生み出してきたのが

バーレイ社です。

そんなバーレイの陶器は、職人さんが高齢化して作るのが大変になってきたのか、

年々、パターンが減ってきているんです。

だから、気づくと欲しかったアイテムが生産中止にということが多々。

それを聞くと、無性に生産中止になったパターンが欲しくなってしまうんですが(苦笑)

前回の買い付けで、偶然、生産中止になった

ビクトリアチンツを見つけたので今日の新着でご紹介しています。

まだアンティークとは呼べない若造ですが(笑)

その分、とてもキレイです。

バーレイの商品一覧はコチラから

↓↓↓

バーレイの商品一覧はコチラから

バーレイについてもっと詳しく知りたい方はコチラを読んでみてください

↓↓↓

バーレイ社とは

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

Handle 水野友紀子

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

キレイで安心「初めてのアンティーク家具」専門店
アンティークショップHandle
(運営会社:水野商品館株式会社)

https://handle-marche.com/?mai1903012

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

            カテゴリ:メルマガ