ヴィクトリア時代の女性の憧れ ベッドティーのためのカップボードチェスト

こんばんは。Handleの水野友紀子です。

気付けば今日で10月も終了。

今年もあと2ヵ月だなんて、早いな~と、

昨日の夜中にカレンダーを見ていて・・・

!!!

今日、末っ子の授業参観だということに気が付きました(大汗)

なんとか時間を調整して学校に行くと・・・

スゴイ人数!

お父さん&お母さんはもちろん、おじいちゃん&おばあちゃんも!

教室の中もいっぱいだったので入れず、窓からのぞいて末っ子と目が合った私。

ちゃんと来たことをアピールして

5分ほどで帰ってきました(笑)

「滞在時間は短いけれど、行くことに意味がある!」

と思っている私は、本当に気づいてよかったと思いながら

今日も「まいにちハンドル」をお送りします。

//////////////////////////////////////////

ヴィクトリア時代の女性の憧れ

ベッドティーのためのカップボードチェスト

//////////////////////////////////////////

イギリスのオシャレなアンティーク家具のカップボードチェスト(q-1950-f)

今日、久しぶりに見つけた英国のカップボードチェストをご紹介しています。

カップボードチェストとは、

引き出しと扉両方の収納が付いている家具なんですが、

なかなか英国のアンティークでは見つからないんです。

しかも、名前が

「キャビネットチェスト」

でも、

「ブックケースチェスト」

でもよさそうなのに、なぜ、

「カップボード」+「チェスト」なんだろう?って、いつも不思議だった私。

そもそもカップボード=食器棚なのに、

なんでこんなに小さいの??

と不思議だった疑問を、ディーラーが解決してくれました☆

そもそも、ヴィクトリア朝時代の女性の憧れは・・・

ベッドティー!

「ベッド」+「ティー」でベッドティー?

ってビックリしちゃうんだけれど、ティーはTeaではなく軽食の意味。

実はベッドの中で朝食をとることなんです。

しかも、それが許されるのはお金持ちの既婚女性だけ。

なので、ベッドティーはステイタスシンボルとして人気だったんです。

その結果、寝室にちょっとしたカップボードを置くことが流行って、

キャビネットチェストじゃなく、ブックケースチェストでもなく、

カップボードチェストと呼ばれています!

ということで、久しぶりに到着したカップボードチェスト。

今日の新着からご覧いただけます。

↓↓↓

イギリスのオシャレなアンティーク家具のカップボードチェスト(q-1950-f)

数があまり見つからないカップボードチェスト。

他のデザインはコチラから

↓↓↓

https://handle-marche.com/

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

            カテゴリ:メルマガ