シルエットが美しい ポンパドゥール夫人が作った脚

あけましておめでとうございます☆

Handleの水野友紀子です。

本当は・・・

今日もお休みにしようと思っていた私(笑)

ですが、スタッフのみんなが

「お休みが長すぎると、お客様への返事が遅くなるから」

と言ってくれたおかげで、

今日から通常営業しています!

お休み中に頂いた、たくさんのメールやライン、

また、ご注文の確定メールを順次お送りさせて頂いています。

今日中にお送りさせていただきますので、

今しばらくお待ちください。

お休みを切り上げて頑張ってくれる

スタッフみんなに感謝しながら

2020年初の「まいにちハンドル」お送りします。

/////////////////////////////////////////////

シルエットが美しい

ポンパドゥール夫人が作った脚

/////////////////////////////////////////////

ハイヒールを履いたフランス美人「フレンチカブリオル」

今朝、早い新幹線で長男が東京に帰りました。

お盆も戻って来れなかったので、半年ぶりの帰省でしたが、

毎日、友人と出かけて家にいない・・・

真夜中に帰ってきて、起こされるので熟睡できない・・・

しかも、全く片づけをしないので、家が荒れる~(大汗)

なので、正直、

「今日から通常の生活に戻れる~」と、

ホッとしています(笑)

駅からの帰りの車の中で、

ホッとしながらテレビを見ていたら

「シルエットは、なぜシルエット?」

とチコちゃんが質問していました。

答えは・・・

フランス人のシルエットさん!

シルエットさんは、財政難で苦しんでいたルイ15世の時代の人。

ルイ15世の愛人のポンパドゥール夫人は、財政難でもお構いなく・・・

贅沢が大好き!

ということで、贅沢するためには、国の財政を立て直すべき!と、

お気に入りだったキレ者のシルエットさん(男)を財務大臣にするよう推薦しました。

シルエットさんの目に映ったのが、

貴族の肖像画。

実は、貴族の肖像画は、国からお金が支払われていたので、

「高価な絵の具を使わず、黒一色で塗りつぶしたものにする」

と決めたんです。

ところが、貴族たちからは猛反対!

結局、財務大臣をクビになり、宮廷を去る彼の姿がまさに影絵のようだったことから

黒く塗りつぶされた絵を彼の名前から

「シルエット」

と呼ぶようになったそうです。

ここで私が注目したポイントは、

シルエット!

・・・ではなく、

ポンパドゥール夫人。

贅沢三昧のポンパドゥール夫人でしたが、

彼女の贅沢のおかげで、女性らしく居心地のいいフランスの家具

「ロココ様式」

が出来上がり、まるでハイヒールを履いたようなフランス美人の脚、

フレンチカブリオールが誕生しました。

確かに、シルエットも美しいフレンチカブリオール(笑)

コチラでポンパドゥール夫人のこともお話ししています。

↓↓↓

ハイヒールを履いたフランス美人「フレンチカブリオル」

今日の新着では、届いたばかりの

フランスらしいプチポワンチェアを紹介しています

↓↓↓

今日の新着

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

2020年も、いろんなお話をお届けしていきますので、よろしくお願いします。

Handle 水野友紀子

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

キレイで安心「初めてのアンティーク家具」専門店
アンティークショップHandle
(運営会社:水野商品館株式会社)

https://handle-marche.com/

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

            カテゴリ:メルマガ