スターリングシルバーで見つけました☆ 憧れの「シフタースプーン」

こんばんは。Handleの水野友紀子です。

昨日の夜で中学校のPTAがひと段落。

会社を経営していると、

やたらとPTAとか同窓会の役が回ってきてしまうんですが、

これでPTAに携わることは、ないと思います(笑)

合計4年間、今まで全く無縁の世界だったPTA活動を通して、

子どもたちの学校生活に参加することが出来て、

本当に貴重な体験が出来たな・・・と思いながら

今日も「まいにちハンドル」をお送りします。

/////////////////////////////////////////////

スターリングシルバーで見つけました☆

憧れの「シフタースプーン」

/////////////////////////////////////////////

英国スターリングシルバーの重厚な輝きアンティークのシフタースプーン

今日の新着でアンティークシルバーのスプーンを

3本ご紹介しています。

ちょうど一年前くらいに、「まいにちハンドル」でご紹介した

「シフタースプーン」

と言う名前の穴の空いたスプーンなんですが、覚えていますか?

さて、ここで問題です。

スプーンなのに、穴が空いているなんて、

一体、何に使われていたスプーンだったでしょうか??

チッチッチッ・・・ピンポーン☆

そうです!正解は、

お砂糖をふりかけるためのスプーンです。

それでは、第二問。

お砂糖を何にふりかけていたでしょうか??

チッチッチッ・・・ブッブー☆

正解は・・・果物!

果物にお砂糖??なんてビックリですが、

昔、ヨーロッパでは今のような甘い果物が採れなかったので、

シフタースプーンを使って、果物にお砂糖をふりかけて食べていたそうです。

今だと、イチゴにイチゴミルクをかけて食べる?

みたいな感じかな?(笑)

でも、当時、お砂糖はめちゃくちゃ高級品。

それを、さらに高級な果物にふりかけて食べていたなんて

驚くほど贅沢!

アンティークの中には、便利になった今の時代には必要がなく、

作らなくなってしまったアイテムがあるんです。

今は作られていないから、アンティークでしか手に入らないもの。

まさに、シフタースプーンがその中に一つです。

甘い果物が食べれるようになった今、

シフタースプーンは必要なくなったので、

アンティークでしか手に入らないんですが、

そういうものほど・・・

私の心を鷲掴み(笑)

めったに出会えないシフタースプーンを

今回の買い付けで3本見つけて、しかも!

3本の中の1本は、スターリングシルバー☆純銀です。

↓↓↓

英国スターリングシルバーの重厚な輝きアンティークのシフタースプーン

シルバーのお話はコチラから

↓↓↓

お手ごろプライスで見つかる英国アンティークシルバー

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

キレイで安心「初めてのアンティーク家具」専門店
アンティークショップHandle
(運営会社:水野商品館株式会社)

https://handle-marche.com/

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

            カテゴリ:メルマガ