アングルポイズ(ANGLEPOISE Model75)

e-103-1.jpgAnglepoise Model75

Anglepoise1227の次にモデルチェンジして登場したのがAnglepoise Model75です。

年代は1969年~1979年。

製造年数が少ないので、全体の数も少なく見つけるのも困難です。

モデルチェンジして変わったところは、まず土台。それまでは四角だった土台が丸くなりました。

シェードの形もそれまでのコロンとした丸みを帯びた形から細長い形に変わります。

 

ちょっとレトロなe-103-3.jpgスイッチがシェードの後ろに付いているのもこのモデルの特長。

 

カラーバリエーションが1227よりも増えたことも特長。ホワイト、ブラック、レッド、ベージュの定番4色とグレー、カーキオレンジ、オレンジレッド、ブラウンなどの様々な色が登場しました。

ベージュとグレー、オレンジ系の色はこのモデルで最後。このモデルでした手に入れることができない色です。

写真は、前に見つけてきたModel75のグレー。とってもキレイな色で、なぜこのモデルで終わらせてしまったのか不思議なくらい。今もお嫁入りしたお家で、大切に使って頂いているみたいなので、私たちも満足です。

続きを読む アングルポイズ(ANGLEPOISE Model75)

            カテゴリ:アングルポイズ

アングルポイズ(ANGLEPOISE 1227)

e-136 (1).JPG Anglepoise 1227

モデルの雅姫さんが自宅でベージュのデスクランプを使っていたことで、日本で大人気になったモデル。

日本だけではなく、イギリスでも価格が高騰しました。

四角い形をした2重になった土台が特徴です。

デスクランプ以外に、ウォールランプやフロアーランプなどもあります。

1227には前期系と後期系の2種類があって、それぞれ年代が
 前期系 1935 – 1938
 後期系 1938 – 1969

です。前期系と後期系の違いは、シェードの形と刻印です。

続きを読む アングルポイズ(ANGLEPOISE 1227)

            カテゴリ:アングルポイズ

アングルポイズ(ANGLEPOISE)

1.jpg私が初めてアングルポイズを知ったのは、お店をオープンさせる際の一番最初の買い付けの時。なぜか、デスクランプが大好きな主人が「これも!これも!!」と集めてきた中に、「Anglepoise 1208」がありました。

なんだかすごくカッコいいデスクランプに私も一目惚れ。当時、1208がどんなに貴重なものかを知らなかった私は角度を変えるときに、なんだか普通のデスクランプと違うな・・・と感じてはいましたが、それがアングルポイズの精巧な技術からということを知ったのは、ずいぶん後のことでした。

今では、「なんでお嫁に出してしまったんだろう…」と、最初に買いつけてきたブラックの1208への思いは募るばかりです(笑)


アングルポイズの歴史

11-165-1.jpgアングルポイズが日本でも有名になったのは、2005年にマーガレットハウエルが、自分が子供のころから使っていたアングルポイズとコラボレートして、TYPE3の別注カラーを復刻させたこと。

それと、雅姫さんが、1227のデスクランプを使っていることから、日本でもイギリスでも価格が高騰しました。 

そもそも、アングルポイズは自動車会社のチーフデザイナーだったジョージ・カワーダイン(George Carwardine)が自動車工場で働く職人さん達の手元を照らすためのランプとして開発されたものです。

自動車のサスペッションの技術を利用した全く新しい仕組みで、人間の腕のように自在に曲がる曲げやすさと思い通りのポジションをキープ出来るという画期的なアイデアでした。

その後、特許をとり、より高い技術をもつスプリングメーカーHerbert Terry & Sons社と提携して1932年から製造を開始し、マーガレットハウエルとコラボする現在まで、支持されています。

マーガレットハウエルも「アングルポイズは電球を装着しないとシェードのバランスが均衡に取れないほど、精巧な均衡を保っている」というほど、技術が主体。その技術から導き出された形がこのカッコよさなんです。

 Anglepoise 1208 → Anglepoise 1227 →  Model75 → APEX90 → TYPE3

の順でモデルチェンジしています。

 

 

 

続きを読む アングルポイズ(ANGLEPOISE)

            カテゴリ:アングルポイズ

アンティーク キッチンチェア

キッチン-4.jpgアンティークのイスの中でも、人気なのがキッチンチェア

 

毎回、入荷してくる時は100脚くらい届くのですが、気が付くとあっという間にお嫁に行ってしまうイスです。

 

名前が「キッチンチェア」というだけあって、もともとキッチンやファームハウスなどの作業をするための場所で使われていたイスです。言うなれば作業用のイス。

 

アンティークと聞くと、なんとなくイメージが2パターンあると思うんです。

一つはこげ茶色のオーク材やマホガニー材、ウォルナット材など高級材を使ったアンティーク。

もう一つがパイン材を使って、ペイントなどが施してある素朴なアンティーク。

キッチンチェアは、もちろんパイン材を使ったまさに素朴なアンティークの代表みたいな感じです。

 

キッチンチェア-1.jpg普段、作業をする時に使われるイスなので、その家庭、家庭によって、デザインも様々。脚や背中のデザインがいろいろあって、しかもどれもデザインが結構凝っているものが多かったりするので、とっても可愛いく、見ているだけで楽しくなってしまうんです。

 

そして、いろんな色があるのもキッチンチェアの特徴です。日本人の感覚ではあまり考えられないのですが、欧米の人は一つのものを長く大切に使い続けるので、汚れたら好きな色でカラフルにペイントしてしまいます。

さらに汚れたらまた色を塗り、ちょっと飽きてきたらまた色を塗る・・・

それを繰り返したことによって、キズが付いた部分から見える木地の色がいろんな色で何層にもなっていたりするのが、とてもアンティークらしく可愛いんですよね。それは、どんなにがんばっても、新しい家具では表現できないものです。

 

キッチン-3.jpg作業用のイスなだけに、もちろん座りやすさもいいんです。

 

なので、使ってもらうことはもちろんですが、眺めているだけでも楽しくなってしまうので、玄関などでお出迎え用のイスとして飾ってもgood!

何脚も違うデザインで集めてしまいたくなるキッチンチェアです。

アンティークショップ Handle

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む アンティーク キッチンチェア

            カテゴリ:アンティーク キッチンチェア

コントワール・ドゥ・ファミーユについて

パリ9区にあるパッサージュ・ジュフロワはガラス張りのアーケード。中にはレトロな雰囲気のお菓子屋さん、玩具店が並び、ベル・エポックと呼ばれた20世紀初頭のパリにタイム・スリップしてしまう不思議な場所。
コント.jpg
この歴史的なアーケードの中にあるインテリア・ショップ「コントワール・ドゥ・ファミーユ」は、私達に懐かしい思い出を語りかけてくれるインテリアの提案をしています。

 

「コントワール・ドゥ・ファミーユ(Comptoir de Famille)」と は、世界各国で愛されるフランス発祥のインテリアブランド。

取引店はフランス国内だけでも100店、世界全土では300店にも及びます。

日本国内ではお店のイメージに合うかどうかなどの厳しいチェックを受けた店舗だけが取り扱えるブランドです。

 

※コントワール・ドゥ・ファミーユの商品の入荷状況についてのご注意※

cf-117-1.jpgとても人気があるものばかりなので、Handleでは常に早めにフランスの方に発注をかけていますが、世界的なブランドのため、多めに注文しても数量を確保することが難しいので、売切れてしまうと入荷の目処がなかなか立ちません。

 

売り切れの商品に対して、たくさんのリクエストを頂き、常にフランスにオーダーはしているのですが、いつ、何個入荷するのかは、日本に入ってくるまでは全く未定でわからない状態です

 

入荷までに長いもので1年以上、また、急に廃盤になるものもありますので、お問い合わせ頂いていも、対応できませんので、ご了承下さい。(フランスというお国柄、とっても気まぐれなので・・・)

 

現在、HPのコントワール・ドゥ・ファミーユのページで在庫があるものに関しては、数が確定していますので大丈夫です。気になるものがあれば、出来る限り早めにご注文下さい。

 

gc_cf_image.jpg~コントワール・ドゥ・ファミーユの歴史について~

イザベルとフィリップ・モラン兄妹、そしてイザベルの夫パトリック・ルュペがパリの街で販売を始めた「昔ながらの温かみのある、こだわりのある商品作り」を大切に、誰もが忘れかけていたような懐かしい物を現代のインテリアに合うようにと蘇らせた商品が少しずつ形になり始めたのがコントワール・ドゥ・ファミーユのはじまりです。

 

コントワール・ドゥ・ファミーユの商品はフランス人にとってもノスタルジーを感じさせるものだったようで、パリのショップでは道行く買い物客たちが長年慣れ親しんだものを眺めるような視線をウィンドウから送り、お店に入った人たちはまるでおばあちゃんの家にでもいるかのようにリラックス。

現在はラインナップも充実し、陶器、グラス、フレグランス、デコレーショングッズ、リネン、家具、ガーデン用品など多岐に及びます。いずれも昔ながらに丈夫で長持ちし機能的でありながらノスタルジーを感じさせてやみません。

アンティークショップ Handle

コントワール・ドゥ・ファミーユの商品は、こちらからご覧頂けます。

続きを読む コントワール・ドゥ・ファミーユについて

            カテゴリ:コントワール・ドゥ・ファミーユのこと

アンティーク ロイド ルーム について

アンティークのイスが気になりだした私が、次にどうしても欲しくなったのがこのロイドルームでした。いろんな色や形のものがあって、見るもの見るものが欲しくなってしまったのです(笑)

本棚-1.jpgその頃は、正直、見た目だけでした。どこに置いてもどんなお部屋にでも、どんな色でも、なんだかすんなり溶け込んでいるイスが、とっても素敵に見えて、まずは、置いて絵になるイスとして欲しいな・・・って。

ところが実際、自分用に届いた1脚を部屋に置いて、座ってみたら・・・「気持ちいい!」私が想像していた以上にロイドルームの掛け心地がいいことにビックリ!

なんだか包み込まれるような感覚で、しなやかな感じ。見て楽しむだけではなく、使ってみて本当の良さがわかるんだな・・・って実感して、一瞬にして、ロイドルームのファンになりました。

→わが家で活用中のロイドルーム。正直、どんな形のものでも、どんな色のものでもよかったのですが、買い付けてきた当時、一番数が多かった白の中で、お嫁に行き遅れた子がやってきました(笑)

本棚の前に置いて、本を読むときにいつも使っています。掛け心地がいいので、子供たちも大好きな場所。お友達が来た時には、リビングやダイニングに移動しています。

 

~ロイドルームの歴史について~

パッと見た感じ、「籐で編まれたイス」というイメージですが、実は、籐ではないんです!籐に見えるこの素材。「紙」と「ワイヤー」から作られているというのが、ロイドルームの一番の特徴です。

1917年、マーシャル・B・ロイド氏という一人のアメリカ人が、この画期的な家具の製造システムを考案しました。

04.gif防水・防錆加工をして、折れたりヒビが入ったりしないように工夫したスチールのワイヤーに、頑丈に、より合わせたクラフトぺーパーを巻きつけて織り上げたもの。それが、ロイドルームです。

なので、籐と違って、いろんなデザインで作ることが可能で、温かみのある質感を持ちながら、ささくれやきしみ、そりなどの変形がなくて湿気にも強い!という全てを兼ね備えたオールマイティーな家具が出来上がったのです。

 

発売された当時、英国ではヴィクトリア様式のインテリアが主流で、伝統と品011.gif格を重んじる国で、「紙」と「ワイヤー」で作られた家具が受け入れられるかどうかは大きな冒険!

そこで、出来るだけエレガントで美しいデザインのものにすることによって、次第に認められるようになっていったようです。

その結果、もともとはガーデン用として使われるのが主流のロイドルームでしたが、雨にも強く、掛け心地がしなやかという特徴を活かして、ウィンブルドンのロイヤルシートや豪華客船、飛行船などで使われるようになり、英国人に認められていったそうです。

 

 ~アンティークのロイドルームについて~

ロイドルームは、今でも作られ続けています。なので、新しいものを購入しようと思えば、可能です。

「今、作られているものと、アンティークのものは何がちがうのでしょう?」

「アンティークの方が人気があるのはなぜ?」という質問をよく受けます。

091018-1.jpg何が違うのかと言うと、まずはデザインが色々あること。600種類を超えるデザインが次々と生まれていったロイドルームなので、中にはコレクターズアイテムとして取り上げられている形のものもあります。ロイドルームについているタグも時代によっていろいろ違っています。古いものだと紙で出来ていたり、ロゴの形が違っていたり・・・

 

でも、個人的には、コレクターズアイテムにこだわるより、タグの色や形にこだわるよりも、、本来、アンティークのものは、それぞれそれまでに経てきた歴史によって、風合いや物語があって、それがいいんじゃないかな・・・って思っています。

アンティークのロイドルームチェアは、ほとんどオリジナルの色がそのまま残っているものというのは、とってもめずらしいんです。日本では考えられないのですが、色使いが上手な欧米の人は、すぐに自分の色に塗り替えてしまうんです。でも、そこはさすがに色使いが上手いだけあって、色も日本ではあまり見かけないキレイな色ばかり!

しかも、ほとんどが、ベースの色に2色、3色上塗りしてあるのが当たり前!それが少し剥げていることによって、ベースの色がほどよく見えて、いい感じになっているのも、アンティークの最大の魅力です。

価格も新しいものより、アンティークの方がお手ごろだったりするのも魅力かもしれません。

 

100828-6.jpgまた、今はあまり作られていないロイドルームボックスも、コンパクトでとっても便利に使えるので、人気です。本来はリネン類などを入れる用途で作られたものが多いですが、サイドテーブルやナイトテーブル代わりに使ったり、水に強い特徴を活かして、トイレでトイレットペーパーを入れたり、お風呂場で脱衣カゴの代わりに使ったり。

 

ロイドルームボックスについては、アンティーク大辞典の方でご紹介しています。こちらからご覧頂けます。

 

一度使ってみると本当の良さがわかる歴史のあるロイドルーム。ぜひ、自分だけの1脚を探してみて下さいね。

アンティークショップ Handle  

ロイドルーム(チェア・ボックス・テーブル)はこちらからご覧頂けます。

 

続きを読む アンティーク ロイド ルーム について

            カテゴリ:ロイドルーム

アンティーク スツール

z-296-1.jpg木で出来たアンティークのスツールって、とっても人気があるんです。

私も最初、あまりの人気ぶりに驚いたのですが、理由をみなさんに聞いてみると、納得しました。

まず、デザインが可愛い。

確かに、素朴な木のイスの中でも、特にシンプルな形のスツール。その中でも探してみると、実にいろんな形、デザイン、彫り、色などなど同じものがなかなか見つからないくらい、微妙に微妙にみんな違っていて可愛いんです。

日本のものでも古いスツールは見かけるのですが、脚の形がちょっとヤボッたいというか、スマートではないものが多いので、確かに、せっかくだったら可愛いものを選びたいな・・・と思う気持ちもわかります。

 

次に、使いやすさ。

いろんな高さのものがあるのですが、高いものはカウンターチェアとして大活躍!

本当にまれに同じもので、背が高いものが2脚見つかると、あっという間にまとめて購入される方がいらっしゃいます。最近はご新築やリフォームで、カウンターキッチンが主流なので、そこに使われるのに、2脚お揃いだとちょうどいいのだとか・・・

V-70-1.jpg逆に、高さが40cm以下の小さいものもよく見つけます。

これは子供専用のスツール??と思われがちですが、そうではなく、昔、農家で牛の乳搾りなど、低い作業をする時に使っていたスツールなんです。

なんだか、のどかでゆったりとした風景がイメージできる感じですよね・・・

確かに持ち運びも便利なので、私は子供の手洗い用の踏み台として使っています。子供たちも、自分たちが使うイスとして認識しているようで、手を洗う時や歯磨きする時、自分で移動させて使っています。

お花を載せて玄関に置くだけでもなんだか素敵な空間に見えてしまいますよね。

いろんな使い方が出来てとっても便利。だからこそ、人気があるアイテムなんだなと思います。

どちらかと言うと、木で出来たアンティークのスツールは、いろんな作業場所で使われていたものがほとんど。

農作業場やキッチンなどで作業用として使われていたものなので、持ち運びもしやすく、使いやすく長持ちというのが、現代も使える家具として人気の秘密なのかもしれません。

 

本当にいろんな形のものが多いので、迷ってしまうくらいなのですが、どれも人気で置き場にも困らないので、ぜひ、一度使ってみて下さいね。

アンティークショップ Handle

 

 

続きを読む アンティーク スツール

            カテゴリ:スツール

アンティーク チャーチチェア(チャペルチェア)について

Q-114-1.jpgいろんな所で書いているのですが、私が初めて出会ったアンティークがチャーチチェアでした。

チャーチチェアとは、チャペルチェアとも呼ばれるのですが、名前の通りチャーチ(charch=教会)やチャペル(chapel=礼拝堂)で使われていたイスのことです。

 

どうして、こんな風に教会で使われていたイスが買ってこれるのかというと・・・

最近は、イギリスでも日曜日ごとに教会に通う人がだんだん少なくなってきていて、取り壊される教会も多くなっています。

教会が解体される時に、そこで使われていたイスがまとめて、マーケットで売られている場合、何十脚というチャーチチェアが山積みにされて見つかることがあります。

でも、最近は、数がとっても減っているみたいなので、前みたいに山積みで同じデザインのものを見つけることがほとんど出来ず、見つかったとしても、せいぜい10脚程度。

教会によって、使っていたイスのデザインが違ってるので、いろんな色やデザインのものがたくさんあります。

これもちょっとした魅力です。いろんなものがありますが、基本的な形は同じような感じがします。

 

q-57.jpg①聖書や賛美歌を入れる箱が背中に付いている。

背中に付いている箱。これは、もともと中に聖書や賛美歌を入れるためのものです。

ただ、オリジナルがついているものも少なくなっていたり、もともと邪魔でついていないものや、途中でとってしまったものも多いので、どれを選ばれるかは好みです。

②座る部分(座面)に彫りが入っている

日曜日ごと長時間座って牧師さんからのお説教を聞いていても疲れないように工夫がされているんですよね。

ここは、アンティークに関しては、全て共通している気がします。しかも、長年使われていることによって、より自然な彫りが出来上がって、丸みをおびていい感じになっていると思います。

③荷物置き場がどこかに付いている

イスの下の方に、2本ほど荷物が置ける棒が渡してあったり、座面のすぐ下にものが置ける板が付いていたり。礼拝に来た方が簡単に荷物が置ける場所が工夫してあります。

 

私がお店をオープンさせた2007年には、オープンに間に合わせるように200脚ほどのアンティークのチャーチチェアを準備しました。

それこそ、いろんな形や色のものが見つかったのですが、今は買い付けに行ってもチャーチチェアを見つけることが難しいくらい!

驚くほど数が少なくなってしまって、どこに行ってしまったんだろう・・・と買い付け担当者が言っています。

日本でブームになってしまったことが一番の原因なのかもしれませんが、本当にいいイスなので、いろんな方に使ってもらいたいです。

アンティーク大辞典 『チャーチチェア』編は、こちらからご覧になれます

 

続きを読む アンティーク チャーチチェア(チャペルチェア)について

            カテゴリ:チャーチチェア(チャペルチェア)

アンティークとは?

アンティークのことを書き始める第一歩として、まずは基本中の基本なのですが、誰もが思う「アンティークってなに?」という所からお話しようかと思います。

最近は、ずいぶんアンティークという言葉にも慣れてきて、よく紹介されるようにもなったアンティーク。「アンティック」とか「アンチーク」とか「アンチック」とかいろんな読み方をされますが、もともとはラテン語で「古いもの」という意味のAntiquusから来ているそうです。j-104 (2).jpg

そもそも古代ギリシャやローマ時代の遺物などに使われていた言葉が、だんだんと、上流階級の人たちの間で美術品や宝飾品などの売買で使われいくようになって、その後、市民の間では、家具などにも使われるようになっていったそうです。

なので、私たちが扱っているアンティーク家具も、その頃からアンティークと呼ばれるようになったんだなと思っています。

 

たまにお客様から「アンティークって、何年前のもののことを言うんですか?」って質問を受けることがあるんですが、実は、この「アンティーク」という言葉には、国際的な基準があるんです。

1930年代のアメリカの通称関税法で「100年以上の古い美術品、工芸品、手工芸品」と決められているんです。

 

これは、法律上で輸入関税額を決める時の基準になっています。

なので、正式な「アンティーク」とは、「100年以上経ったもののこと」なのですが、これはあくまで法律上で輸入関税を課すか課さないかというだけの都合で決められているものなんです。

特に、私たちが主に買い付けてくるアンティークの家具や雑貨などは、1920~1930年代のものが多く、100年以上経ったものというのは、滅多にお目にかかることはありません。

でも、現地では、堂々と「Antique」の記載があり、今ではアンティークの定義も曖昧で、アールデコの終わりから1940年代までのものをアンティーク、それ以降をモダンアンティークと読んだり、若い人たちの間では1960~70年代の家具を「ヴィンテージ」という人が多かったりします。

 

r-54-1.jpg最近、よく耳にする「ブロカント」という言葉は、フランス語で美しいガラクタという意味。

アンティークほど古くはありませんが、人々に愛されて大切にされてきた道具のことを言うみたいです。

他にも、ジャンクやブリックアブリック、ラビッシュなどいろんな言い方がありますが、それぞれ扱っている方の感覚で使われていることが多いようです。

100年以上経ったアンティークにこだわる方もいらっしゃるかもしれませんが、私の中で、アンティークとはどれだけ古いかということが重要なことではなく、ここに来るまでに「たくさんの人の手によって大切にされてきたもの」だと思っています。

 

大切に使われてきたからこそ、100年近い時間が経っても形として残っているもの。

今の時代では買うことや作ることの出来ないもの。

人工的には作ることが出来ないキズや味。

 

それら全てがアンティークの特徴で、それぞれのものに対して、ここに来るまで一つ一つ物語が必ずあるものだと思っています。

これからもそんなアンティークをHandleからお届けしていきたい思います。

続きを読む アンティークとは?

            カテゴリ:「アンティーク」のこと

新しいブログ、はじめます。

前々から、アンティークについて、いろいろな方から頂く質問や疑問、私が思うアンティークなどなど・・・詳しいことを集めたブログのページを作りたいな・・・と思っていました。

どちらかというと、普段の日記形式ではなく、ちょっと固め?の真面目??なアンティークやインテリアに関するお話を綴ってみたいな・・・と。

サンプルテキストを作ってから、ずいぶん時間が経ってしまいましたが、ようやく記載できるようになりました。

これから、無理せず1週間に1度くらいの更新頻度で書いていけたらと思います。

 

ブログのタイトルも、まだ未確定?で、URLだけ分かりやすいように「古いもの.com」にしました。

なので、タイトルもいいのがあれば、募集します!お知らせ下さいね。

これからよろしくお願いします。

アンティークショップHandle 水野友紀子

 

            カテゴリ:その他